top of page

お風呂リフォームの注意点と相場について分かりやすく解説!【愛媛のリフォーム会社監修!】



お風呂を実際にリフォームしたいと思ってるけど、実際の相場が分からないという人も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、お風呂リフォームの注意点と、相場について分かりやすく解説します。


お風呂リフォーム相場の決まり方



お風呂リフォームの相場は、以下のような要因によって異なります。


  • ユニットバスか、ユニットバスでないか(フリースペースバス)

  • 交換する設備の種類(浴槽、シャワー、洗面台、トイレなど)

  • 床、壁、天井のタイル張りやクロス張りなどの仕上げ材料

  • 工事内容によって必要な大工工事、水道工事、電気工事の有無

  • 地域によって施工業者の単価が異なることがある

ここでは、おおよその相場を参考にしていただけるよう、一般的なリフォームの場合の価格帯をご紹介します。


ユニットバスの場合


ユニットバスの交換工事にかかる費用は、浴槽、シャワー、蛇口、排水口、壁や床などを交換する場合に、100万円前後が相場とされています。


もちろん、仕上げ材料や大工工事、水道工事、電気工事などによって価格は異なりますが、大まかな目安として覚えておくとよいでしょう。


フリースペースバスの場合


フリースペースバスの場合は、ユニットバスよりも価格が高くなることが多いです。


例えば、壁や床にタイルを貼る場合は、材料費と工事費がかかるため、150万円前後が相場とされています。


ただし、リフォームの規模や内容によっては、200万円を超えることもあります。


お風呂リフォームの相場は、リフォーム会社によってかなり異なる


上記はあくまでも一般的な相場であり、必ずしもあなたの希望に沿ったリフォーム費用とは異なる場合があります。


そのため、まずは複数のリフォーム業者に見積もりを依頼して、具体的な価格を比較することが大切です。


また、業者選びにあたっては、信頼できる業者を選ぶことが大切です。


お風呂リフォームの費用相場はいくらぐらい?



お風呂のリフォームをするとき、重要な判断材料となるのが費用です。

ひと口にリフォームといっても、「浴室全体のリフォーム」と「設備の部分リフォーム」の2通りの選択肢があり、かかる費用も異なります。


ここでは、浴室全体のリフォームにかかる費用についてご紹介します。


ユニットバス全体のリフォーム費用


ユニットバスは部分リフォームも可能ですが、基本的には全体リフォームをおすすめします。

なぜなら、交換時期を迎えたユニットバスは一箇所の不具合を解消したとしても、また別の箇所で不具合が生じることがあるからです。


このようにイタチごっこを繰り返し、全体リフォームを行う頃にはトータルで損をしている事例は少なくありません。


ユニットバスの全体リフォームにかかる費用相場は、工事費込みで75万円〜200万円です。


工事費用はユニットバスからユニットバスへの交換や、在来工法からユニットバスへの交換など、施工内容によって大きく左右されます。


また、現在お使いのユニットバスや在来浴室の壁材にはアスベストが含有されていることがあり、処分費が従来よりも割り増しになるケースもあります。


お風呂のリフォームは現場状況だけでなく、家族構成や使用状況によってお客様が選ぶ商品も変わるので、各ご家庭によって工事費用もさまざまです。


オプション機能・設備の費用相場


それぞれのメーカーが提供するユニットバスには、もともと組み込まれている基本の仕様とは別にさまざまなオプションが用意されています。


ここでは人気のあるオプションをご紹介し、その機能や費用相場の目安を解説します。


お掃除浴槽設置


ボタンひとつで浴槽を自動洗浄する機能は、共働きで掃除をする時間がとれないご家庭や掃除が苦手な方に人気があります。


おそうじ浴槽をつけた場合の追加費用は、15〜20万円です。 ※メーカーや商品によって異なります。

用洗剤を洗浄ノズルから噴射して浴槽全体を洗浄します。

入浴直後に毎日使用することで、浴槽の手洗い頻度を2週間に1回程度まで抑えることができます。


TOTO製品でご検討の方は、洗い場の床を自動洗浄する床ワイパー洗浄(きれい除菌水)もおすすめです。


窓枠加工


既存の浴室に窓がある場合は、窓枠加工のオプション追加が必要となります。

サッシに合わせてユニットバスの壁を加工し、額縁を造作する作業です。


既存の窓を再利用して窓枠のみ交換する場合は3〜10万円ほどの追加費用がかかり、窓ごと交換する場合は10〜30万円ほどかかります。 ※サイズや機能によって異なります。


まとめ:お風呂リフォームの相場について、しっかりと理解しておこう!



いかがでしたでしょうか?


お風呂リフォームは古いものから新しいものに変えるだけでも、大変満足されるリフォームです。


まずは、自分がどの程度の予算でリフォームを行いたいかを設定しましょう。


予算を設定することで、リフォーム内容の優先順位を決めたり、リフォーム業者選びの際にも役立ちます。


リフォーム後には、アフターフォローが大切です。


問題が起きた場合には、迅速に対応してくれる業者を選ぶことが望ましいです。


あなたの中で、いつでも信頼できるリフォーム会社を見つけて、ぜひご相談してみてくださいね。

閲覧数:93回0件のコメント

Comments


bottom of page