top of page

フローリングのリフォームの注意点を分かりやすく解説!【愛媛のリフォーム会社】




フローリングのリフォームは


  • 低価格でお部屋の雰囲気を変えることができる

  • リフォーム工期の短さ

  • ハウスダスト対策

などが理由で、最近人気のリフォームです。


そして今回は、フローリングのリフォームをする際の注意点について、現役建築会社の社員でである私が分かりやすく解説していきます。


今回の内容を覚えて、ぜひフローリングのリフォーム、検討してみてください。


フローリングリフォームの注意点



フローリングのリフォームをする際には、以下の点に注意しておくことが大切です。


  • 現状の床材の確認

  • 予算の設定

  • リフォーム業者の選定

  • 素材の選定

  • デザインの考慮

  • 施工前の床下調査

  • アフターフォロー

1つずつ見ていきましょう。



現状の床材の確認


リフォーム前に、現状の床材を確認しましょう。


床材を確認しておくと、リフォームの相談や提案がスムーズになるからです。


畳なのかどうか?

無垢材なのか?修正材なのか?シートなのか?


など、ザックリとどういう素材なのかどうか確認しておくとよいでしょう。


予算の設定


フローリングのリフォームには、20万円から50万円が一般的な相場です。


まずはリフォーム前に、自分がどの程度の予算でリフォームを行いたいかを設定しましょう。


予算を設定することで、リフォーム内容の優先順位を決めたり、リフォーム業者選びの際にも役立ちます。


リビングの広さなどで、リフォームをしたい場所によっても価格が大きく変わりますので、注意しておきましょう。



リフォーム業者の選定


信頼できるリフォーム業者を選ぶことが大切です。


これが1番大切です。


具体的には、地域で実績のあるリフォーム会社が1番オススメです。


あなたの地元を大切に思っていますし、あなたに何かあったときにすぐかけつけてくれるからですね。


業者選びの際には、口コミや評判を調べるとともに、見積もり内容や工事の流れなどをしっかり確認しましょう。



素材の選定


フローリングには、木材や合板、樹脂などの素材があります。


それぞれの素材には、それぞれの特性があります。


リフォーム前に、自分がどのような素材のフローリングを希望するかを考えましょう。



デザインの考慮


フローリングのデザインには、無垢材の色や柾目、接合部の形状など、細かな部分があります。


あなたがリフォームをする前に、自分がどのようなデザインのフローリングを希望するかを考えましょう。



施工前の床下調査


リフォーム前には、床下調査を行うことが大切です。


床下に湿気がある場合には、防湿シートや断熱材などを施工することが必要です。


また、床下に隠れた問題がある場合には、それらを修繕する必要があります。


アフターフォロー


リフォーム後のアフターフォローを大切。


リフォーム工事が終わった後も、何かあったときは素早く対応してくれるリフォーム会社を選んでください。


問題が起きたときにすぐ来てくれるかどうかを必ず確認しておきましょう。


まとめ フローリングのリフォームの注意点をしっかり理解しておこう!



どうでしたでしょうか?


フローリングのリフォームに関しては、今回の内容をしっかりと覚えておきましょう。


具体的にはこちらです。


  • 現状の床材の確認

  • 予算の設定

  • リフォーム業者の選定

  • 素材の選定

  • デザインの考慮

  • 施工前の床下調査

  • アフターフォロー

これをふまえて大切なことは、あなたが「この会社にリフォームをお願いしたい!」

と、強く思うことです。


リフォーム会社は1つのリフォームが終わった後も、次のリフォームがあったりなど

永くお付き合いすることになりますので、あなたに合うリフォーム会社を決めておくことが大切です。


ぜひ、ホームぺージなど色々な情報を見てみて、あなた理想のリフォーム会社をみつけてくださいね。


閲覧数:47回0件のコメント
bottom of page